デイズ 燃費

日産・デイズの燃費システムとは?

日産デイズは軽自動車の中でも特徴的な形をした車で
街中でも他の軽自動車はボックス型が多い中、流れるような
曲線美の丸みを帯びた軽自動車なため、目に付くことが多い。

 

今の自動車に重要なのはやはり燃費のよさである。
普通自動車も軽自動車もどれだけ低燃費にするかを研究している。
消費者にとってはガソリンが高騰する中で車を選ぶには
燃費の部分を重要視するのでまず目が行くと思う。

 

デイズにはガソリン代を節約できる、2つの先進エコシステムを搭載している。
停車前のアイドリングストップとバッテリーアシストシステムである。

 

バッテリーアシストシステムとは減速エネルギーを利用して発電し、
バッテリーに充電する。アクセルペダルから足を離すと
自動的に燃料噴射をカットしより低燃費にし充電した電力は電装品にも供給する。

 

アイドリングストップではブレーキを踏んでいる間はエンジンが停止し、
ブレーキを離すか、ステアリングを動かすと、およそ0.4秒後にエンジンが再始動する仕組みで、
条件はあるが坂道でも停車前アイドリングストップができるようだ。
アイドリングストップ中でもオーディオやナビは使用でき、エアコンは送風に切り替わって
アイドリングストップのOFFスイッチを押しておくとアイドリングストップが作動せず
冷房や暖房を優先的に使えるシステムもある。
自分の条件によってアイドリングストップシステムを
ON/OFFできるのは良い機能だと私は思った。

 

ヒルスタートアシストという機能もあるのだがグレード別についているとある。
坂道発進の際には、ブレーキペダルからアクセルペダルへ
踏み替える時に車両が後退するのを防止するという更に安全な運転をサポートする。

 

デイズには燃費を瞬時に確認できる表示機能は標準装備されており
アイドリングストップ時間などを表示し燃費のよいアクセルペダル操作を
判定するエコドライブインジケーターがある。
グリーンの木の葉の点灯数によって、エコ運転度が分かるようになっているので
表示を見れば運転操作方法も簡単になるのだ。

 

デイズの低燃費システムは優れているのが分かり購入意欲を十分満たしてくれる
軽自動車だと私は思う。

 

 

デイズの値引きの為に最低限やっておく2つ